5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

日本でも”かいま見えた”偽造薬のリスク

テレビよもやま

日本でも”かいま見えた”偽造薬のリスク
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

「クローズアップ現代」で放送された事例

「クローズアップ現代」では、
「ハーボニー配合錠」の偽造薬と個人輸入などに関する偽造薬の二件について放送していましたが、今日のブログでは、普通の人にも危険が及ぶ可能性がある「ハーボニー配合錠」の偽造薬の件を紹介することにしました。この件の原因を探ると、この薬に限ったことではなく、医薬品流通ルートの構造的な課題であることが見えてきます。

なお、NHKのこちらのサイトで同番組の詳細を読むことができます。

番組で放送された一事例

今年一月、
C型肝炎の患者さんが、医師に処方され、薬局で受け取った薬が偽造薬だったという事件が起こってしまった。その薬は昨年度の医薬品売上高1位のハーボニーという名前の1本153万円もするとても高価な薬です。

日本の医療体制の信頼性を揺るがすような「薬局で出された薬が偽造薬」であったという衝撃とも言うべきことがなぜ起こってしまったのか?

その原因と、厚生労働省の今後の防止策をレポートします。

なぜ偽造薬が薬局から患者に渡ってしまった?

そうはいっても自己責任

厚生労働省や医療関係の機関が色々と防止策などを提示しています。
今後も、不備が見つかったときは防止策の強化が図られると思います。
それでも、防止策は後付けになりがちなので、
「自己責任」
であることを忘れないように、と思います。

ドクターの言うことには耳をすまそう

この番組に出演していたドクターが言っていたことで「気を付けないと」と思ったことがあります。

病気によっては、服薬を中断すると、その後服薬を再開しても、服薬を中断した影響で単なる治療の再開にはならない病のケースがある、ということでした。服薬を中断すると、病原菌が耐性を持ってしまう、など複雑・面倒なケースが有るそうです。

C型肝炎の場合、この複雑・面倒なケースに当たるそうです。仮に偽造薬がビタミン剤だったとしても、服薬を中断した影響により完治しなくなってしまうことがあるそうです。

偽造薬が、薬局から患者になぜ渡ってしまったのか?

この医薬品の製造元は、
「説明書と一緒に箱に密閉されて売られている医薬品なので、(箱から取り出した)ボトルむき出しの状態で売られることはない」、
と言っています。

それなら、今回、なぜボトルむき出しで患者さんに売られてしまったのか?
売る側の関係者にその疑問はなかったのか、という疑問は残ります。
しかも、他に見つかった偽造薬15本もボトルむきだしの状態でした。

一方で、
犯人は、何らかの手段で正規の製造番号が入った本物の容器(ボトル)を使って本物らしく見せていることも考えると、

正規の流通ルートで流れてきている医薬品を「偽造薬かも?」と疑うのは、基本的にかなり難しいのかもしれません。

偽造薬が正規の流通ルートで、なぜ流れてしまったのでしょうか

医薬品には「裏の流通ルート」がある

出典 http://www.nikkei.com

病院や薬局は、経営上、期限切れ医薬品の廃棄による損失をできるだけ避けたいと考えています。ですが、法律上、病院は医薬品を売ることができません。そのため、期限切れが迫った医薬品を個人の立場で「現金問屋」に買い取ってもらっていました。この「裏の流通ルート」が最大の問題でした。

「現金問屋」と呼ばれる卸業者は、この個人との取引に「秘密厳守」を謳っています。つまり、あなたとの取引に関して、あなたのことも含めて一切を秘密にします、と宣言しているに等しいわけです。

「現金問屋」は医薬品の卸ですから、「裏の流通ルート」で買い取った医薬品を、仮にこれが偽造薬であったとしても、正規の流通ルートで流すことができます。これが、偽造薬が正規ルートで流れてしまった理由のようです。

今後の国や公的機関の防止策

改善したハーボニーの包装

出典 http://medical.nikkeibp.co.jp

製薬会社はいち早く包装を、ボトルから外から見えるように変えました。

医薬品の流通ルートに関しては
「現金問屋」の「秘密厳守」という条件が、医薬品を持ち込んだ個人の身元確認を難しくしている実態がありました。

東京都の調査では
今回の事件にかかわったすべての卸業者は「現金問屋」と呼ばれる業態の卸がかかわっていた、と発表されています。

出所が明確でない、誰がどこから入手したかわからない医薬品を、
正式の流通ルートで流通させる方法があった、
といってもよいと思います。

厚生労働省は、6月に「再発防止の中間とりまとめ」を出しました。
身元確認の徹底(住所、連絡先)
違反した場合販売許可取り消しなど行政処分
                    など
を今月中の省令改正を予定しています。

「秘密厳守」という長年の商慣習を断ち切るのが狙いです。

東京・神田の「現金問屋」の業界団体でも
「医薬品を仕入れる際に広告やホームページで”秘密厳守”は禁止」としました。

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

月別アーカイブ

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録